CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
視聴味覚演芸制作者会議軍団「囲碁お見知りおきを」団員、中原由貴のお話。
<< 目の前の三つの扉 | main | 俺の後ろに立つな >>
囲碁双六bookmark
0
      dodoのブログが急に怒濤のように更新されていて、全部面白い。人の面白いブログを読むと、いてもたってもいられなくなると同時に感謝の気持ちが溢れて合掌したくなり、そして明日も更新してくれたのむから!と祈るような気持ちになる。うわー!格好いい!!というライブを観たときも、同じような気持ちになり、今すぐなにかしなければ!何かしたい!という気持ちになり、このやろう!とありがとう!のブレンドされた、形容しがたいもやもやしたようなすっきりしたような泣きたいような笑いたいような、複雑な気持ちに覆われる。そして最後は握りしめた手のひらから血が出ているが、その血を見てわっはっは!と眉間にシワを寄せた顔で笑うのである。

     血が出ると言えば、本日最終リハーサルだった双六亭、最後の最後に一曲やった今回双六亭初お披露目の曲で心がこもり過ぎて、終わったら右手に血豆が出来ていた。一曲3分やそこらの間に、血豆って生成されるんですねえ。剣道部時代を思い出し、同時に部室のあの汗のにおいを思い出し、においって思い出したらほんとにそんなにおいがするんだなあ!と感心したが、もしかしてそれは今日の自分の汗だったのかもしれない。いやしかし汗を大量にかく季節がやってきました。今日はあの常に涼しい顔でポーカーフェイスのアッキーですら、汗でしっとりしてました。でも表情は終始涼しげでした。

     囲碁ラヂオや映像「双六亭日記」ではだいぶ前からお知らせしていましたが、明日5/31は双六亭ライブ@gee-ge.です。そして明日から、来てくださった方に「囲碁双六しおりシリーズ」をお渡ししよう企画が突然始まります。そんなわけで前夜の遅くにせっせと製作されたしおり。



     写真で見てもすぐわかるように、うすい。しかししおりってのは本に挟んでどこまで読んだかわかるようにするためのものなので、うすくったって事足りるのである。どうぞ使ってください。そしてですね、このしおり、双六亭・囲碁お見知りおきをのライブイベントで毎回どんどんvol.1、2、3…と配られていき、上手に集めてくださった方には、プレゼントをご用意しております、というのは嘘でこれからご用意いたします。今日もリハの帰りにカオルちゃんが奇天烈な案を100個くらい出してくれたので、みなさんはそのうち奇天烈なプレゼントを入手することができると思います。

     vol.1は、明日しか手に入りませんよ。ケチョチョチョチョ…
    | - | 03:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://mooran170.tamacowolds.net/trackback/98