CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
視聴味覚演芸制作者会議軍団「囲碁お見知りおきを」団員、中原由貴のお話。
<< お正月には〜囲碁やって〜 | main | 他人の顔 >>
リトル・リチャードからキム・ジョンウンに
0
     パソコンの上に珈琲をドバドバかけてしまったのは,何週間前のことだろうか。私にしては素早い対応で冷静に電源を切り,ひっくり返して水分を抜き,ありとあらゆる手で渇かしまくった。ただその作業中にあやまって電源ボタンを押し「ゴーン」と起動してしまったのが数回あったが,そんな時でさえ私は冷静に対応した。そのあとは数日ひたすら渇かし続け,一度も電源を入れなかった。途中何度も電源を入れてみたくなったが,我慢である。ここで負けてはいけない。

     私には自信と誇りがあった。取り乱すことは一切せず,最初から最後まで冷静沈着,なぜなら私は携帯電話もスマホも数え切れないほどトイレに落としたことがあり,気付けば精密機器が水没した時の対処法が血肉となっていたのである。その冷静さたるや,珈琲を拭きながら「いったい私を誰だと思っているのかね?」とパソコンに向かってニヤッと笑いかけたほどである。

     007並みの冷静さで終始ほほえみながら3日ほど待ったのち,もうパリパリに渇いている感じがしたので,そっとそのパソコンを机に戻し,電源ONの儀式を執り行った。まずは電源コードを挿す。すると緑色の電気がポッと点灯,予想通りである。だいたいあんだけジャバジャバ珈琲がかかった状態で3回も電源ボタンを押してしまったときに全部「ゴーン」と点いたので,ここまで大仰な対処をする必要などなかったのである。そもそもキーボードに珈琲がかかったくらいで私も随分心配性だなあ,はっはっは,と気楽に電源ボタンを押した。

    シーン。
     
    雲の上に出てしまった時もシーンとした気持ちになる
     
     急に部屋がとても静かに感じた。あれ,押し方が足りなかったかな,ともう一度押してみる。シーン。あれ?あれ?そんなはずはない,と私は電源ボタンがめり込むほど押した。押して押して押しまくった。
     背筋がサーッと寒くなった。真っ暗なスクリーンに,デスクトップの壁紙にしているマディ・ウォーターズがそっとほほえんでいやしないかと,顔をくっつけてなめるように探した。しかし,マディはいなかった。

     気が動転した私は携帯のネットであれこれ突然調べまくった。珈琲をパソコンに,しかも私とまったく同じ機種にこぼした人がたくさんいて急に心強くなり,「友よ!」と手を握り合うかのように彼らのブログを読みまくった。対処法は間違っていなかったようだったが,彼らのパソコンはみな,1〜3日後には復活していた。ありとあらゆる記事を読みまくったのち,わかったのはやはり私はひとりぼっちだということだった。

     私はマディを,エアコンの前のタオルの上にそっと戻した。もうしばらく待ってみよう。これでお別れなんて,さみしいじゃないか。マディと楽しく過ごした日々が次から次へと脳裏に蘇った。囲碁ラヂオをたくさん編集したのも,数々のブログを書いたのも,夜を徹してありとあらゆるイカしたyoutubeを観たのも,全部マディと一緒だった。唯一見つけた,もう駄目だと思って押し入れに入れっぱなしにして数年後,引っ越しのときに処分しようとして電源ボタンに触ってしまったら点いた,という記事を信じて,私はいつまでもマディの復活を待つことに決めた。

     しかし,その間パソコンを使わないわけにはいかない。そして当然のことながら,さらなる次世代のパソコンを買うための先立つものは,無い。中古パソコンでマディより古い型のやつを買うのも,なんとも納得がいかない。いっそ,タブレットを買ってキーボードとスタンドを買えば,持ち運びも便利だし,そうか!それがいい!と盛り上がったが,あれこれ調べるうちに今使っている周辺機器が何も使えなくなることが判明,再びフリダシに戻った。そんな行きつ戻りつをくり返したのち,とあるジャンクパソコンショップで,古い型のパソコンを買うしかない感じになってきた。いや,それでいいじゃないか,マディはいつか必ず復活するんだ。彼が帰って来たときに,自分より新しいやつがいては彼もいづらいだろう。そうだ,私はマディの居場所を残すために古いパソコンを買うんだ。

     そう思うと俄然前向きになってきた。そんなわけでジャンクパソコンショップで売っている,ちゃんと動作するやつでいちばん安いやつに,普段仕事で使っているソフトを入れてもらって購入して送料を入れると…,結局そこそこの値段になるな。うーむ。いや待てよ。その前にマディを修理してもらうことを全然考えていなかった。あわててネット検索を始めた最初の頃に,修理に出すと5,6万,あるいは7,8万かかる,というのを見つけて,マディはうちで直す!みたいになってしまっていたのだった。

     そこで初心に返った私は,珈琲水没仲間たちがこぞって名前を挙げて絶賛していた修理やさんに連絡して,症状を告げてみた。ほんの数時間で仮の見積もりを出してくれたが,実際に見てみないと正確なことはわからない,そして金額が納得いかない場合はそのまま無料でお返しします,という超絶親切なことを言ってくれたので,タオルでぐるぐる巻きにして送ってみた。するとどうだろう,ジャンクパソコンよりも安いじゃないか!なんでもっと早く頼まなかったんだーーーーー!!!!!泣

     というわけで,今葉巻をくわえたマディ・ウォーターズがこっちを向いてほほえんでいる。本当は,晴れて復活したマディと共に書くブログ第一弾では,数日前に起こった衝撃の事件,そもそもケイティ・ペリーになるはずがリトル・リチャードになっていたヘアスタイルがさらに2日前にキム・ジョンウンになった経緯,「リトル・リチャードからキム・ジョンウンに」をお話しするつもりだった。「トム・ジョーンズから〜キム・ジョンイルに〜」なんて歌もありますが…という感じで始めて,なんなら昨今の緊迫した世界情勢なんかにも触れつつご報告する予定だったのだが,またしても導入でこんなに書いてしまったので,そちらはご想像にお任せするとする。この書こうとしていた話の前に別の話でブログが終わってしまう感じすら懐かしい。

     そんな2016年一発目のブログでございましたが,みなさんあけましておめでとうございます。今年はしょっぱなから,髪型含めこれまでにない流れに突入しており,どんな一年になるのか,私自身楽しみにしております。みなさまにも,刺激溢れる充実した一年が訪れますよーに。今年もよろしくお願いいたします。
    | - | 02:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://mooran170.tamacowolds.net/trackback/167