CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
視聴味覚演芸制作者会議軍団「囲碁お見知りおきを」団員、中原由貴のお話。
<< タンゴトレインのご飯のおはなし | main | アイ アム ジェームス・ブラウン >>
タンゴトレインは無事終着駅へ
0

     昨日,トゥートゥータンゴトレインは無事終点の囲碁お見知りおきを村に到着,ご乗車いただいたたくさんの方々は,5時間強の長旅を終えて無事帰路につかれました。
     今日は出演者の方々に機材を返却しに行ったりあれこれと用事をすませてからレンタカーを返却,レンタカー屋さんが学生時代に住んでいたなつかしい町だったので帰りにかつて毎晩のように通った中華屋「宝華」でお昼ご飯を食べました。そしてかつて毎晩のように食べていた「肉茄子ライス」とこれまた毎晩のように食べていた「セット(宝そばと炒飯)」のどちらにするかを死ぬほど迷い,結局「肉茄子ライス」と「宝そば」を両方注文しました。あまりのうまさと変わらぬ味に泣きながら完食,そして昨日起こったすべてのことに死ぬほど感謝しました。外から日差しが差し込んで,昔と変わらぬ通称ブッチャー(店主)の奥さんの元気のいいホールさばきを眺めつつ,いやあれはなんと幸せな時間だったことだろうか。

     本番前の数日間,特に前夜の3時,4時頃には何度も,もうすぐ本番なんて信じられないし作業がどう頑張っても終わらない,仮に終わっても私が忘れ物をしない訳がない,という恐怖に苛まれて死にそうだったのに,ああもう今本番中なんだなあ,と当日何度かやりながら思いました。そんなことを思いながらふと見回すと,夢とやる気と楽しむ気に溢れたタンゴトレインに乗ってくれたみなさん(演者もご飯作ってくれた人たちもブツを作って売ってくれた人たちも全員含めて)の顔がたくさんありまして,自分が本やマンガの中に入り込んだかのような,超絶自作自演,自分が自分に騙される,という不思議な気持ちになりました。
     バンドでだれかが新曲を書いて来て,リハーサルであーでもないこーでもないとやってみて,そうしていくうちにだんだん目鼻がはっきりして来るんだけども,なぜか本番で客演でやるまではそれに息吹は吹き込まれず,本番で演奏した瞬間にパッと目を開けてヨタヨタと歩き出すような感覚があるよねえ,という話をかつて何人かとしたことがありますけども,昨夜の囲碁お見知りおきをは,囲碁お見知りおきをロボがやっと上手に歩けるようになり,人に笑いかけたり冗談言ったりまでできるようになった!というような感じがいたしました。
     一応私は囲碁お見知りおきをの団長を勝手に名乗っておりますけども,キッチンを一手に任されてくれたニュー夜明け(朝比奈真実嬢と沖縄から応援してくれたとーもー),Nakko Special,NotreMusique岡部さやか嬢を始め,あんなに美人なのに男っぷりのいいPAで毎回黒子のように静かにすべてに行き届いた音響空間を作ってくれる石井ユキエ嬢,受付から精算まで一手に引き受けてくれたふかやいづみ嬢,そして今回初めてでほぼ何も説明してないのに受付のお手伝い並びに会場作りそしてウクレレと大活躍だった高田あっこちゃん,前回に引き続き素敵なガマ口で会場を彩ってくれたチャコちゃん,直前にたくさんのアクセサリーとハンコをすべて手作りで用意してくれたつかちゃんと売り子をやりながら全身で楽しんでくれたうっちー,無茶ぶりのDJを無表情に見える豊かな表情でクールに熱くやってのけてくれたまつくん,直前に謎の依頼をしたにも関わらず短時間で次々と興味深い車窓を描き出してくれたゆるさの中野くん,予想をさらに上回る愉快なステージをくり広げて場をわかせてくれたYuglet Waterloo Jug Bandのみなさん,普段着でふらりとやって来て会場をすべて飲み込んでしまう古道具の猛者たち,見る者聴く者の目と耳がつぶれてしまうほどの華やかな色香で会場を塗り替えてくれた東郷えっちゃん,そして,あのキャリアと技術と知識とデータベースを持っていながら我々の文脈に一緒に入って笑いながら恐ろしいギターを弾く稀有な怪物,青山陽一氏,それに加えましてタンゴトレイン乗ってみようかな,と思い乗り込んでくれた方々が,全員1人残らず影響してあんな不思議なマンガのような本のようなウソのようなホントのような空間があったんだなあ,と今しみじと思います。この一文のありえない長さからしても,私の管理能力の無さはすでにみなさまの心に届いていると思いますけども,こんなわたくしと一緒になんかやろうと思ってくれたみなさんと,なんか面白いかもしれないと思ってくれたみなさんに,感謝してやみません。ありがとよ。
     そして最後になりましたけども,新加入のはっしーを始めこの度の双六一門4名の仕事量はそれはもう大変なものでございました。自分も含めてもう二度と4月28日より前には戻りたくないと思います。大変な量の無責任な思いつきときらめく心遣い,脱帽でございました。いや脱帽っていうか自分の無力さを知りました。やーどうもすいませんでした。

     いやー人が集まるって,本当にいいもんですね。まだまだやり残した仕事がたくさんあるので安心したり慢心したりしてる暇はないんですが,早く次の準備を始めたい。もう今からやりたい。もう5回目なのに前夜が絶対的に完徹になるのを,次こそはやめたい。夢は膨らみます。第5日目がやってきたら,またみなさん巻き込み巻き込まれに集まってくださいね。
     取り急ぎお礼をと思いつつだらだらとあれこれ言い過ぎました。今夜こそはゆっくり寝て良い夢みるぞ。本当に本当にありがとうございました!ではまたお会いしましょう,さようなら〜!!
    | - | 01:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://mooran170.tamacowolds.net/trackback/151