CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
視聴味覚演芸制作者会議軍団「囲碁お見知りおきを」団員、中原由貴のお話。
<< バイユーゲイトの夜と人間の話 | main | 本当の迷子はだれだ >>
無紋研究楽会、明日に迫る
0

     あれこれバタバタとやっている間に、ついに明日になってしまった。3月に入ってからやっと双六亭は遅いスタートをきって、3月7日のバイユーゲイトに始まり、今月は毎週ライブという珍しい状況に突入、ライブが終わる度に来週もライブか、と思うと朝起きて家を出る足取りも軽く、何をしていてもワクワクと浮き足だった日々が続く。
     思えばドラムを始めてからというもの、きみとはいろんなつき合い方でつかず離れずやってきたねえ、と我がドラム人生をふり返る。ここへ来て突然過去に遡り過ぎであるが、朝起きてスティックケースを持って出かけるとき、スタジオであれこれとみんなでやりとりしている最中、休憩中に水を買いに自動販売機へ走るとき、などちょっとしたときにふとそんなことが頭をよぎるのであった。これも歳をとったということですかな。歳をとったといえば、最近お腹が減った、と気づいたその瞬間から全然我慢ができず、以降そのことしか考えられず、食べたいものを思い浮かべただけで涙が出る始末、いったいこれはどうしたことだろうか。
     話は戻って、今私は幸せなことに明日双六亭の初の企画ライブを迎えようとしており、あれこれもっと出来たいことだらけでくっそ〜このやろ〜と演奏中に思うことはしばしばあるけれども、明日バンドで板に上がれるということがこんなにも楽しみである。その最高のひとときを共にしてくれるのは、the Pebbles河村博司さん。the Pebblesはベースボーカルの東郷えっちゃんと知り合ったことがきっかけで出会ったバンドでして、初めてライブを観たのが去年の暮れでしたかな。ライブってのはこうやってやるのよ、と言われたような、最高のパフォーマンスをみせつけられて顎が床まで落ちました。新しい世界への扉を開いてくれた貴重な体験でございました。結成数十年に及ぶ老舗ガールズバンドの底力を御覧あれ。
     そして河村博司さんはニューエストモデル、ソウルフラワーユニオンを経てソロ活動をしておられるというのは周知のことですが、お恥ずかしながらわたくし昨年ピート福島さんの企画で対バンさせてもらったときに初めて生で観ました。この時はバイオリン奏者のベチコ嬢と2人でやっておられまして、わーかっこいいなあわははと観ていると突然「うぅぅ」と嗚咽を漏らしそうになりまして、強烈な思想を音楽と共に世に問うている方でございますけども、何かこうそういうこと以前の何かに突き刺されたというかですね。強烈な印象だったのでございます。しかし改めて今思いますけども、私はほんとにこう音楽を評するボキャブラリーが貧困ですな。とにかくこの2者を前に我々双六亭はさてどう取り組むか、と頭をひねるのも本当に楽しい作業でして、そしてあれこれ用意して明日に臨むわけです。
     

     そして明日はなんとコウノカオルことtricky human specialのニューアルバムの先行発売もありましてですね、昨日もらって帰ってただちに聴いたんですけども、これはもうカオルちゃんそのもの、面白いわ格好いいわ謎につつまれるわじーんとするわでもう大変な作品に仕上がっておりますよ。全曲ドラムで参加させてもらえたことに感謝いたします。是非ともお手にとっていただきたい。そして双六亭も早くアルバム作りたい。

     そんなわけで全然まったくまとまっておりませんけども、並々ならぬ期待と興奮を胸に、私は明日起きてMANDA-LA2へと向かいます。是非ともみなさんと楽しい夜をご一緒できますことを願っております。いざ、鎌倉!
    | - | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://mooran170.tamacowolds.net/trackback/135