CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
視聴味覚演芸制作者会議軍団「囲碁お見知りおきを」団員、中原由貴のお話。
<< アナザーストーリーの終結と駅前声談 | main | バイユーゲイトの夜と人間の話 >>
双六亭、囲碁ラヂオ、あか太郎、そして学校
0
     今日のタイトル、書いてみて思いましたがちょっと「CSN&Y」的でかっこいいですな。
     さて、ちょっとサボってる間にいろいろお知らせがたまってきたので一気にお知らせいたすことにいたしまして、まずはライブのお話。
    2014年3月7日(金)
    Place:三鷹バイユーゲイト
    Artists:双六亭、Rockin' Shoes
    Guest:及川智明(東洋線)
    Time:open 19:00/start 20:00
    Charge:¥1,500(+1 drink order)

     みなさんの前で双六亭が演奏する今年初の私が待ちに待ったチャンスがやって参りました!バイユーゲイトも数か月ぶり、そして対バンのRockin' Shoesの方々はバイユーゲイトの重鎮の方々でして、しかもこの日のドラムであるエンタさんという方は、現在山形在住の模様なんですけどもかつては中央線沿線では特に熱い支持を受けておられ、彼が東京に現れた暁には一緒に呑みたさに誰もが万難を排して集う、という伝説の人物だそうでして、もうこのエンタさんなる人物に会いに行くのが楽しみでなりません。我々も久しぶりのライブ解禁日(禁じられていたわけじゃありませんが)ということであれこれ仕込みまくって臨む所存でございます。20時からなのでですね、特に中央線沿線の方々なんかは帰りに一杯やりに来てくださいよ。

     そして、次はラヂオですけども、先々週ついに長かったあの弾丸一人旅シリーズが完結いたしまして、先週から生演奏とトークを含むかつての通常双六4人ラジオに戻っておりまして、久しぶりにスタジオで新曲なんかを演奏してですね、それに関連したりしてなかったりする意表をつくトークを繰り広げておりますので、こちらも是非とも聴いてみていただければと思うのでございます。
     
    囲碁お見知りおきをラヂオ〜夜のワルツ〜
    第58回「内弁慶の続きの巻」
    第59回「JKT48への想いの巻」

     第59回の視聴数の立ち上がりの異常な速さに驚いておるんですが、これはあれですか、「JKT」なる単語がタイトルに入ってしまっているからですか。こうして多くの方々に聞いていただけるのは大変うれしいことであるんですけども、基本嘘ばっかり言っているこの囲碁ラヂオ、あんまり多くの人に聞いていただける日がやってきたらそのうち誰かに怒られるんじゃないかとドキドキしておりますけども、その嘘でねじ伏せられるかどうか、まあいいかと思ってもらえるかどうかはですね、今回は特に嘘つき番長の鈴木晶久の人間力にかかっとるわけでして、彼は今試されております。

     そして時系列がぐちゃぐちゃですけども、2月の15日は満月でした。月が綺麗だったなあ。なんて夜空を見上げる余裕がまったくなかった私は満月であることを完全に見逃し、ひとりでやっているがゆえに「今日エッセイの日だよ!」と教えてくれる人もなく、ひとりエッセイの日は静かに通り過ぎ、はたと気づいたのが新月のランデブーエッセイの日。ぎゃあああ!ひとりあか太郎もアップしてなかったし、ランデブーエッセイも今日だ!!!と残すところ数時間で気がつきまして、一気に両方アップいたしました…。
     
     ひとりあか太郎は今年から始めとりまして、ドラマ「あぶない刑事」のタイトルを追ってエッセイを書く、というものすごく狭い角度の盛り上がりを胸にやっておる企画でして、刑事ものなだけに、タイトルが物騒なんですねえ。それに頭をひねるのがこれまた大変楽しくはあるんですが、15日も遅れておきながら楽しいも何もないんですけども、これはもうしつこく続けて行きますのでどうぞよろしくお願いいたします。ランデブーエッセイと同じページにアップしております。
     そして朝比奈真実さんと一緒にやっている方はですね、今年から毎月新月のみにアップすることになっておるんですが、新生児を抱えた朝比奈嬢はその合間を縫って続けてくれておりまして、ひとまず今回の「ハイティー」は次回の新月に持ち越しと相成りました。朝比奈ファンのみなさま、歯噛みをしつつ私のハイティーで我慢しながらあと一ヶ月お待ちください。彼女がハイティーをどう料理するか、楽しみですねえ。

     そんなわけであれこれ書きましたが、長々とおつき合いありがとうございました。そしてここまで自分で読み返してですね、こんだけあれこれ手を広げていてはそりゃあ私は日々がてんやわんやなはずだ、あっはっはと思ったそばからさらなるお知らせをいたしますと、私学校を始めました。先日入学式が雨で延期になったので、開始が少しのびましたけども、先生はこの私、そして生徒も私、ということで、授業や活動の模様などちくいちしつこくお知らせいたします。この学校は誰でも入れるんですが、入学時にわたくしが面談を致しまして、入るからには、授業料なんかはいらない代わりに、生徒も先生もやってもらいます。私が知っていることを強制的に教えられる代わりに、あなたが知っていることも全部教えてもらうぞ、という学校です。そしてあなたも私も知りたいけど知らないことは、それを知っている人が入ってくるまで、こつこつと一緒に調べるのです。そんなわけで、誰も入学しなくても学校は私が卒業して先生である私が泣きながら私を見送ってくれる日まで続きますので、いつでもお待ちしております。

     では、さようなら〜。
    | - | 10:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://mooran170.tamacowolds.net/trackback/133