CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
視聴味覚演芸制作者会議軍団「囲碁お見知りおきを」団員、中原由貴のお話。
<< ラヂオドラマと記憶について | main | 一杯の珈琲と一枚のゴーフレット >>
喫茶スマイルと旅館の娘
0
     渋谷の喫茶スマイルで、dodo specialと旭荘201の2マンライブを観た。2つともバンドであり、バンドであることを十二分に見せつけられたなんとも歯噛みをしたくなるようないいライブであった。所謂ロックのライブハウスと違って、音響的にある種制限された中で、しかし簡易ではあるけどもドラムセットがあり、音量も少し小さな喫茶スマイルの特殊な環境によって、各陣営ともいつもと少し違う別の魅力がにじみ出ていたような気がした。
     バンドとして長い歴史を誇る旭荘201と、各人のキャリアと抜きんでたキャラクターで見る者、聴く者を虜にして煙に巻くdodo specialは、それぞれ私の人生経験では到底語れない魅力に溢れた所帯ではありますが、ここは私のブログなので勝手なことを言わせてもらうと、そんな風に思って終始ワクワクし続けた夜でした。そして驚くことに、喫茶スマイルはパンパンだったので最初から最後まで数時間立ちっぱなしで観ていたにも関わらず、まったく疲れなかったんですよ。もうだいぶ歳を取ってきて、スタンディングのライブを観るのは辛いねえ、ワンマンなんかはもう無理だねえ、などとさみしいことを話したり思ったりしていた昨今、ぎゅうぎゅうで立ちっぱなしなのに居心地がいいという希有な体験をいたしました。ごはんがおいしいというのはもう言うまでもなく、あの場所を作った人たちに敬礼して帰途についたのでありますが、あんまりいい日だったので、トロンボーン奏者のなみきまんみちゃんからもらった珠玉のマフィンを、家にかえってから泣きながら食べた。マフィンがおいしすぎてまた涙が出た。中に入っていたあのおいしい練り物みたいなのは、あれはいったい何だったんだろうか。

     さて今回の囲碁お見知りおきをラヂオはですね、もうパート4を迎えました弾丸一人旅アナザーストーリーに加えまして、トークの部分はそんな喫茶スマイルの素敵な夜に収録されたんですが、なんとトークを担当してくれたのはdodoのお二人、うちだあやこちゃんと不知火庵くんでございます。そこにちらほらその日の出演した旭荘201の磯野寛&クラゴン両氏、dodo specialドラムの北山昌樹氏、そしてこの日遊びに来ていた、今年シンガーソングライターとして活動を開始する松野寛広氏など、多彩なゲストが一瞬ずつ登場して一言二言発してくれてですね、この夜のいい雰囲気がぎゅっと詰め混まれたトークコーナーに仕上がっておりますよ。しかしdodoのお二人は芸達者かつ、愛が溢れておりますね。もはや人間愛ですね、これは。人間にあくなき興味が尽きない二人だからこそのこのおしゃべりであるなあ、としみじみ感慨を持ちました。そして今回のアナザーストーリーは「旅館の娘篇」でして、このうちだあやこ嬢がヒロインの回でございます。どうぞ〜!!
     
     曲はちょっと久しぶりの双六亭のナンバー、「誘うのは真夜中のこと」が流れております。やりたくなってきました。そう、やりたくなってきたどころの騒ぎじゃなくてですね、いいライブを観るともういてもたってもいられなくなるのがこのバンドマンの性ってもんじゃないかと思うんですけども、あー早く3月になって欲しい。しかしもういい大人なのでそこはぐっと堪えつつ、3月の双六亭のライブ祭りに向けて、毎日を大事に過ごしたいと思います。3月には初の双六亭企画のライブもありますので、それはまたただちに別途お知らせいたしますので、どうぞまた覗いてみてください。
     話は少し戻りまして、上記の夜、スマイルで旭荘のドラムのたくちゃんと初めてお話することが叶ったんですよ。たくちゃんのドラムはもうものすごいんですけども、これはもう相当練習して来られたに違いないと思って質問してみましたところ、かわいらしい笑顔と淡々とした口調で「練習大好きな方だったんですよ」とおっしゃっておられました、びーーーんと背筋が伸びました。やりたいことをやりたいように仲間達の動きに合わせてその場でやるにはね、やっぱり鍛錬を積まねばならんのですねえ。たくちゃんのような小手先でない、人間そのものとつながったような演奏に一歩でも近づくべく、私もがんばります。しかしたくちゃん、予想にたがわぬ素敵な人物でした。

     では、もう早いもので2014年も二ヶ月めに突入いたしましたよ。私はもう自作自演の極みであるこの弾丸一人旅関連に振り回されたまま一ヶ月強が過ぎてしまいましたけども、もう少し振り回され、振り回したのちに、また次なる面白いことをやってみようと思います。どうぞ今年もよろしくお願いいたします。
    | - | 08:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://mooran170.tamacowolds.net/trackback/129