CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
視聴味覚演芸制作者会議軍団「囲碁お見知りおきを」団員、中原由貴のお話。
<< アナザーストーリーとヘッドセット | main | 旅館の女将、登場 >>
アナザーストーリー、パート1「タクシードライバー篇」
0
     もともと一日しかない年末年始の休みを、ひっそりと都会の喧噪から離れてゆっくり過ごしたいという小さな願いから始まっていたはずが、あんまりいろんなことが起きたのでブログに書き残そうとしたことからアナザーストーリーまで広がり、ひっそりするはずが世界に発信していますねえ。人生とはわからないものだ。
     本日、火曜日にアップされました「囲碁お見知りおきをラヂオ〜夜のワルツ」第52回から、「弾丸一人旅、アナザーストーリー」が始まりました。あの丸山の物語以来久しぶりのラヂオドラマです。パート1は「タクシードライバー篇」、年末年始のブログを読んでくださった方々に、あのお話を逆側からもう一回体験していただくという企画。いやあしつこいですねえ。我ながらしつこいなあと思いながらも、このアナザーストーリー、一個作るといやこうだったかも、ここは実はこうだったかも…と次々にさらなるアナザーストーリーがボロボロと出て来まして、私の一生はこれを考えてるうちに終わるんじゃないかという懸念に苛まれ始めています。さらなるストーリーに関しましては本来の目的通りひっそりと楽みますので、せめてここまではおつき合いいただけたらサイワイです。もうこうなったらみんなで埠頭へ旅立とうじゃありませんか。ではお聞きください、アナザーストーリー、パート1。
     
     しかし寒くなってきましたねえ。今頃はあの旅館の辺りがいかほどの気温かと想像しただけで恐ろしさに震えます。あ、でもですね、私の周りの北海道出身の人なんかに聞くと、本気で寒い地域は逆に建物が寒さ対策をそれこそ本気でしてるので、東京にいるほうが体感的には寒い、と彼らは冬になるとよく言っております。なるほど。そう言われるとうなづけます。
     そういえば私が泊まったあの素敵な旅館はですね、もちろん寒さに弱い私は6畳間でエアコンつけっ放しで寝てしまったんですけども、それでも朝起きたときに全然喉も痛くないし、乾燥によるあの嫌な感じが皆無だったんですよ。これが都会のコンクリートジャングルのホテルだったら、エアコンつけっ放しで寝たりしたらいくら脂性を誇る私でも朝はミイラ化してるところですが、なんと奇跡の快適さをお約束するお部屋でした。さすが古い木造建築であるあの旅館は、すきま風をこれでもかと入れることで、エアコンつけっ放しを可能にする、という真の寒さ対策をしていたのではないか!と今ふと思いました。

     今回の「タクシードライバー篇」では、河野薫氏がモノローグと台詞を見事に演じ分けてくれてまして、これも「ほっほう」と感動を覚えたのですが、次回「旅館の女将編」のスペシャルゲストがこれまたすごいんですよ。すでに録音は完了しておりまして、私はこれを聴いて度肝を抜かれました。早くみなさんの耳元へお届けしたい。ではまた来週をお楽しみに〜!!!
    | - | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://mooran170.tamacowolds.net/trackback/126