CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
視聴味覚演芸制作者会議軍団「囲碁お見知りおきを」団員、中原由貴のお話。
<< 弾丸一人旅、年末年始編3 〜嘘をついているのは誰か〜 | main | アナザーストーリー、パート1「タクシードライバー篇」 >>
アナザーストーリーとヘッドセット
0
     新年あけましておめでとうございます。と、しつこく言っている間にもうお正月じゃなくなってしまいました。さみしい。結局年末からバタバタと走り回っているうちに年が明けて今日に至っております。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
     昨年大晦日から飛び出して敢行した弾丸一人旅の顛末を、去年の上野散策同様、さらっと記して新年のご挨拶に…と書き始めたら超大作になってしまいまして、三部に分けてお送りいたしましたが、思いのほかたくさんの反響をいただきまして、涙、涙でございます。あのだらだらと長いストーリーを読破することに新年早々時間を割いてくださった皆様、今年一年かけて恩返ししていきたいと強く胸に今誓っておるところでございます。自己申告制ですので、読破したので恩返ししろ、という方は申し出ていただけると助かります。

     さて、そんな弾丸一人旅ですが、私自身も体験しながら狐につままれたような部分が多々ありまして、反響をいただくと同時にその不思議な部分について様々な見解をいただきました。そんななか、先日の双六亭初リハーサルでアッキーこと鈴木晶久ギターボーカルがボソッとつぶやいたひと言を聞いた瞬間、ハタと裏の物語が浮かびまして、大急ぎで帰ってそれをドバドバとしたため、出来上がりました、題して「弾丸一人旅、アナザーストーリー」。タクシードライバー編、旅館の女将編…といくつかありまして、せっかくなので読んでくれたみなさんがまだ内容を覚えてくださっている間に、囲碁お見知りおきをラヂオで無理矢理このアナザーストーリーをラヂオドラマ化してお届けしたいと目論んでおります。

     まだメンバーに承諾を得ていないうちに発表してしまいましたけども、誰かが激しく反発しない限り、来週あたりから始まると思いますので、是非このブログを読んでくださった方、ラヂオの方も楽しみにしていただけたらサイワイでございます。

     こうして様々な体験を経て一回りおおきくなった私は、新年早々双六亭の某所でのライブにて、ヘッドセットを初体験いたしました。ジャーン。

     ドラマーがヘッドセットというと、ある世代以上の方々におきまして、一番に浮かぶのはCCBですね。私もそうでした。ライブハウスの方がドラムの方は是非これを!ということでお借りしたのですが、マイクが固定されてないということはどこ向いててもいい、ということで、なんとそれに慣れるのに大変四苦八苦いたしまして、ここでもまた自由というのは取り扱いが難しいことよ、と痛感いたしました。MC中に咳払いしたり大声で笑ったりするのも注意せねばならず、さらにマイクとの距離ではなく自分の声の大小のみで音量を調節する、という、とにかく初めてのことづくしでして、いやあ勉強になりましたなあ。これが最初で最後になるかもしれませんが、貴重な体験をありがとうございました。

     さてそんなわけでですね、双六亭の次のライブはまだちょっと先になりそうですけども、今月20日に渋谷のguestで双六亭のtricky human specialこと河野薫とアッキーこと鈴木晶久がツーマンでライブをやることになってまして、私とニシーケさんも駆けつける所存でございます。ほかにもゲスト陣が満載の模様、ぜひともみんなで楽しくやりましょうぞ。そしてここで私はついに秘密兵器を解禁!!!…すべく、現在猛特訓中でございます。そんな姿も見に来ていただけたらサイワイです。どうぞよろしく!!
    | - | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://mooran170.tamacowolds.net/trackback/125