CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
視聴味覚演芸制作者会議軍団「囲碁お見知りおきを」団員、中原由貴のお話。
<< ブルースとおじさん | main | 弾丸一人旅、年末年始編1 〜旅立ちの日〜 >>
私は高原へ行きたいが明日は渋谷へいらっしゃい
0
     田宮二郎、と言うと、私はいちばんに思い浮かぶのは、クイズ番組「タイムショック」の司会であった。それ以外の田宮二郎に関する記憶と言えば、かつて母が「お父さんが田宮二郎に似てる、と言われてその気になってコートの襟を立てて恥ずかしいことこの上ない」というような話をしていたのを思い出すくらいで、実際に動いているところや顔の表情なんかは全然イメージできなかった。
     ところが、ちょうど一年前くらいに田宮二郎版のドラマ「白い巨塔」がネットに上がっているのを見つけ、ひょんなことから第一話を観てしまった。面白い。続けて毎晩2話、3話、と観て行くうちに、毎日一刻も早く家に帰って今日は第○話を観るぞ、というのが楽しみになってしまった。寝ても覚めても「白い巨塔」のことばかり考えていた。ところが、そうして楽しみに観ているうちに、ある日走ってうちに帰り、パソコンを開き、ネットを立ち上げると、「白い巨塔」は全部削除されていたのである。がーん。この日のショックは筆舌に尽くしがたい。
     私はその気持ちをどうにも解消することができず、自転車に飛び乗ってTSUTAYAへ走った。カウンターの店員さんに鼻息荒く尋ねると、ものすごい時間をかけて検索してくれたにも関わらず、その店には田宮二郎版「白い巨塔」はなかった。埼玉の店にならある、と言われたが、もう23時を回っており、さすがにそこから埼玉まで自転車を飛ばす元気はなかった。仮にあったとしても、着く頃には店は閉まってしまう。
     がっくり肩を落とした私は泣く泣く再び家に帰った。もう今日は絶対に白い巨塔の第○話を観るつもりだったのである。カレーを食べるつもりだったときと同じように、カレーを食べない限りこの気持ちはもう解消しようがない。あまりの失意にぬっぺらぼうのような顔でそれでもどこかに落ちてはいないか、とネットをフラフラしていると、ふと唐沢寿明版「白い巨塔」が目にとまった。これなら観れる。もはやこれを観るほかにこの気持ちを解消する手だては見当たらなかった。そして私は唐沢寿明版「白い巨塔」の第1話の再生ボタンをクリックした…。

     このペースで回想し続けると、今書こうとしていることにたどり着くのが2014年になってしまいそうなので一気に巻くと、とにかくそうこうするうちに田宮二郎の虜になってしまい、田宮二郎のどこが好きかなぜ彼はああも愛嬌があるのかなどそんな話を友人にしまくっていて紹介されたのが、田宮二郎版「高原へいらっしゃい」である。1976年のドラマで、奇しくもこちらも佐藤浩市主演という形でリメイクされている。現在私はこの田宮二郎版「高原へいらっしゃい」のラスト3回分を残したところで断腸の思いでyoutubeから離れ、こうしてブログを書いている。
     なぜ断腸の思いでyoutubeから離れたかと言うと、おそらく最終回まで観てしまっては、明日今年最後のライブだというのに、高原へ行ってしまってブログを書くどころではなくなってしまうことが予想されるからである。そんなわけで頭の中では蝶ネクタイ姿の田宮二郎が八ヶ岳高原ホテルの前に立ってこちらに向かって微笑んでいるため気もそぞろであるが、明日は今年最後の双六亭のライブです。やー今年もいろいろありました。そんな2013年もあと数日、というこの日を双六亭のライブで締められるというのはなんたる幸せ、そんな思いを噛み締めながらの昨夜のリハーサルでしたけども、正直頭の中は「高原へいらっしゃい」のことでいっぱいでした。それでも強力で奇天烈な、あの鳩の鳴き真似の上手な仲間達のおかげで、あれこれとアイディア満載の楽しい準備ができましたよ。ぜひとも明日は渋谷gee-ge.で共に忘年いたしましょうぞ。

    ■2013年12月29日(日)@渋谷gee-ge.
    『渋谷公園通り音楽室★THE BONENKAI』
    出演:双六亭、SUNAGIRL、dodo special、南場朝海、
       ロッキングノールス、ジ・アニマルズ 、DJ hb
    時間:open 17:30 / start 18:00
    料金:¥2,000(+1 drink order ¥600)

     今日はこれまた「高原へいらっしゃい」を観ていたい希望を断腸の思いで断ち切って、代々木バーバラへ赴きまして、昨年は囲碁お見知りおきを楽団で参加させていただきました「Play for Fukushima」を観戦して参りました。途中までしか観られませんでしたが、念願の旭荘201、お初のベンベナッツ、そしてやっとこさ観ることができた花と路地、三者三様の世界を見せつけられまして、興奮とともに引きずり込まれました。新しいガマ口も1つゲットして、明日への鋭気を十分いただきまして、明日は今度は我々がみなさんを興奮させられるよう、がんばってまいりたいと思います。是非とも遊びに来てください。

     しかし「高原へいらっしゃい」は今アップされている動画のうち、まず第3話が抜けてまして、これがどこを探してもない。これまたDVD化されていない。買うこともできない、ということであれこれ探していると、なんと台詞をスクリプトに起こしている方のブログを発見、今後観進めて行って、また観られない回があったらここを訪れよう!ありがとう!ブログの人!!と感謝して、第4話からまた再スタート、今度は第12話がなかったのでまた勇んでそのブログを訪れたら、スクリプトは第3話までしかありませんでした…。
     それにつけても、観れば観るほど見所も登場人物の魅力も上げきれないほどで、これだけファンがいつまでもいるのもうなづけます。明日のライブが終わるまで、最後の3話分はおあずけにしようかと思っていましたが、ここまでブログを書いていてこの気もそぞろな状態でライブをやるのはよくない気がしてきましたので、これから観るとする。

     ではみなさん、明日gee-ge.でお会いできますように。お待ちいたしておりますよー!!
    | - | 00:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://mooran170.tamacowolds.net/trackback/121