CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
視聴味覚演芸制作者会議軍団「囲碁お見知りおきを」団員、中原由貴のお話。
<< 熱帯夜明けの日 | main | 一時代を支えた男 >>
眠れぬ夜のワルツ
0
     さて今日は火曜日、私の火曜日というか月曜日の夜は眠れない夜、と決まっているのだが、眠れない夜と言えば、先日鼻歌で口をついて、というか鼻をついて「たとえきみが目のまえーに ひざまずーいーてすべてーを」という歌が出て来た。出て来たはいいが、何の歌か誰の歌かわからない。わからないが歌えば歌うほど切なさが爆発する。どうやら思い出の扉を開けてしまったなこれはと思い、必死に誰の声かを思い出そうとするが、76kgの巨漢でセーラー服を来て無邪気に笑っていたオカルト時代の一コマばかりが思い出されて、ただただ切なく、曲の詳細は全然思い出せない。しかたがないので、周囲の人に歌って聴かせまくったところ、簡単にわかってしまった。西城秀樹の『眠れぬ夜』であった。オフコースの歌だけども、たぶん私が聴いて育ったのは秀樹のほうにちがいない。早速youtubeで検索して聴いてみると、やめてくれえええ!というほど記憶の扉が開きまくってしまった。
     自分で音楽をやるようになってから意志を持って掘っていって出会った音楽と、こういうぼーっと暮らしていて耳に入ってきた音楽とでは、それにひっついている背景やら思い出やら後に再会したときに開く扉の場所が全然ちがう。後者は、特に話が合うわけでもなく、ただ帰る方向が一緒だからとかその子の兄弟が漫画をたくさん持ってるからとかそういう理由だけでそれでも毎日一緒にいた、小学校の時の友達なんかに似ていて、なぜかそちらの方が思い出した時の精神的打撃がでかい。なんなんですかねえこれは。
     そしてもう一曲、鼻歌出場回数一位二位を争うほどよく歌っているにも関わらず、誰の曲か何と言う曲かどうしても思い出せない曲がある。そっちは外国の曲なために歌詞が英語で、さらにおそらく聴いていた当時に無茶苦茶な英語「Tonight シホーウェーターイ to go」のような形で覚えしまっているため、人に歌って聴かせにくい。先日フレッシュネスバーガーでこの曲がかかって「あ!!!!」と思ったが、オロオロしている間に次の曲に行ってしまい、せっかく何十年かぶりに出会ったのにただすれ違って終わってしまった。しかしそのおかげで、これはきっと50-60年代のコーラスグループの曲に違いない、という当たりをつけることができ、そのキーワードでyoutubeで検索して出て来た曲をかたっぱしから数十曲聴き倒してみたが、全部ちがった。誰かもしこの説明だけでピンと来た人、連絡ください。メロディを聴かせろ、というなら鼻歌でお聞かせします。

     話がしょっぱなから超脱線してしまいましたが、そんな徹夜明けの火曜日、といえば「夜のワルツ」ですよ。今回は7/7のラヂオ公開収録イベント「熱帯夜のワルツ」の劇場部分の後編をお届けいたしております。後編ということは、劇場の最後にはあの「勇者デリン」が流れます。普段のラヂオでは聴けない生演奏フルバージョンです。歌詞にご注目くださいね。そして「勇者デリン」はdodoの二人が同じキーでずーっとユニゾンで歌ってるんですけども、このフルバージョンにしか出て来ない、ここがキモ!と私が思っていた箇所(ほんの一言、一小節ほど)だけ、あやこちゃんがふわっとハモッてたことにラヂオを編集しながら気がつきまして、うわーやられたーと思いました。やるなあ。やる奴らですなあ。dodoの「勇者デリン」に我々囲碁お見知りおきを楽団が乗っからせてもらいまして、全員でお届けしております。どうぞお聴きください。

     そしてもう1つ、「双六亭/囲碁お見知りおきを」のFacebookページなるものを作ってみました。「囲碁お見知りおきを」の活動と双六亭のライブやら映像やら、そしてさらにはメンバー個々のソロ活動や周辺の動きなどの情報を、まとめたいまとめたいと常日頃から思っておりながら、さらなる戦局を広げてしまった感はありますが、しかしまあ写真をまとめて「アルバム」に出来たり、映像も「囲碁関連」と「双六亭日記」シリーズをこれまたアルバム化できたり、ちょっとは見やすく新しくわかりやすくなった気もいたします。Facebookやってない方も見れるみたいなのでですね、フラリと寄ってってくださいな。

     今日はちょっとだけ過ごし易いですね。しかし慢心してチャリをぶっ飛ばしたらさきほど汗だくになりました。そんな真夏の昼、夜、朝のお供に「夜のワルツ」をどうぞお聞きください。今日はまた私が最初と最後に1人でしゃべってますけども、来週からは4人で楽しくお届けいたしますのでね。あと1回だけ私におつきあいいただければサイワイです。私の声はですね、特に朝比奈真実嬢のあとになんか聞いちゃうとトンデモ声ですけども、わりと低めではあるのでですね、眠れぬ夜のお供なんかには、いいんじゃないかと思いますよ。それでは参りましょう、夜のワルツ!

    | - | 14:46 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
    後者から着想を得て、前者から得たものでアレンジしたのが勇者・・・なんつって 笑 でもなんかそう思えなくもない気がしてきましたwwwむーさんの解釈、わかりやすくて面白いですねえ〜
    | srni | 2013/07/17 12:44 AM |
    >srniさま
    なるほど〜!そのアイディアがすごい解釈じゃないですか!いやしかしこんな長文読破くださってありがとうございます〜(><)
    | nakahara yuki | 2013/07/17 2:47 AM |









    http://mooran170.tamacowolds.net/trackback/109