CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
視聴味覚演芸制作者会議軍団「囲碁お見知りおきを」団員、中原由貴のお話。
<< 熱帯夜のワルツ | main | 眠れぬ夜のワルツ >>
熱帯夜明けの日
0
      日曜日に「囲碁お見知りおきをラヂオ公開収録〜第3.5日目〜『熱帯夜のワルツ』」の会場に集ってくれたみなさま、どうもありがとうございました。いろんな人が顔を出してくれました。囲碁お見知りおきをのイベントはいつも必ずそうですが、当日までの準備の濃密な時間を経て最終的に突入する本番は、なんとまああっと言う間でした。参加してくれたdodoの不知火庵氏がtwitterに「緊張のあまり会場をムダに奔走し続け、なにも入手してない」と書いてましたけども、まさに私も慌てて無駄な動きをしている間に気づけば3時間経っておりました。自分を含む関係者各位の仕事量の多さと寝る時間の少なさに、毎度また今回も詰め込み過ぎた…と頭を抱えるのですけども、同時にこうなった時の団員のみんなの驚異の働きに目を見張り、1人1人が本当にその人しか持っていない宝物のような特性があるのだなあ、ということを目の当たりにしてグーの音も出なくなる、とても貴重な日でもありました。
     そして「熱帯夜のワルツ」は終わってしまいましたが、追ってお知らせしたいことが山のようにありまして、必ずや近々お知らせいたしたいと思いますけども、本日はなんと火曜日なんですよ。日曜の次は月曜で、その次は火曜なんですねえ。月曜の朝方から昼過ぎまで死んだように眠り、それから仕事へ向かいまして、その途中に「うわあああああああ今日月曜日ってことは明日火曜日じゃないか!」と気がつきました。いやー驚いた。そんなわけで、今日もお届けいたしますよ。今日は、日曜日の「熱帯夜のワルツ」公開収録のダイジェストでございます。会場の空気まで一緒にぎゅっとつまっておりまして、音声だけではありますが、いつもとはひと味違う「夜のワルツ」になっております。「熱帯夜のワルツ」に来てくださった方も、逃した方も、それぞれお楽しみいただけるかなーと思います。それではいきますよ、第25回、夜のワルツ!!!

    囲碁お見知りおきをラヂオ〜夜のワルツ〜
    第25回「7/7公開収録ダイジェスト〜その1」

     本番でお伝えするのを完全に忘れたまま、劇場内で流す音楽のタイミングを気にし過ぎて震える手でダブルクリックが困難になるばかりのノミの心臓のこのわたくしでございましたけども、劇場で使っている音楽は、すべて自作なんですよ。というわけで、この場を借りて、借りてって私のブログですけども、クレジットをお知らせいたします。
    ・オープニング劇場ジングル(ニシイケタカシ)
    ・スーパー店内のテーマ「childhood」(tricky human special)
    ・アナトラスのテーマ「oriental over soul」(tricky human special)
    ・からまわる男のテーマ「魅惑らんど」(tricky human special)
     いつかこの劇場のサントラなんかも何かにおつけ出来たら、いいですねえ。

     そしてですね、私にとって非常に残念なお知らせがあるんですけども、一昨日のイベントでも言っておりました、月に2度、新月と満月の日に更新されている朝比奈真実嬢と私のエッセーなんですが、わたくしついに一日遅れるという失態を犯してしまいました。熱帯夜のワルツの翌日だよ〜あっはっは、なんて二人で話しておりましたが、彼女はしっかり月曜日にアップしており、そして私は取り組みつつも12時を周り、途中で諦めてラヂオの編集にとりかかり、そしてラヂオが終わってから仕上げようと思いつつも、さっきまでかかってしまいまして、大幅に丸一日遅れるという懺悔ものの事態となってしまいました。ここに深くお詫びいたします。しかし熱帯夜のワルツ明けの半ば興奮状態で書いた今回のエッセー、渾身の一作ではございますので、ぜひ覗いてもらえるとうれしいです。コチラから朝比奈作と中原作が両方読めます。そしてついでにこれを機にブログのリンクにも入れてみました。どちらかのエッセーを最後まで読んでいただくと、もう一方のエッセーに飛べる仕組みにもなっておりますので、続けて読むとまた面白いと思いますよ。

     そんなわけで、まだまだ遠泳の後のような、心地よい疲れが抜けない心と体で今週を生きることになりそうですが、余韻を楽しみつつ、いろいろ覚えている間に次の手を練りつつ、いろんなことに感謝して、さらにこの夏は熱く楽しく駆け抜けたいと思います。それではまたーーー!!!
    | - | 07:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://mooran170.tamacowolds.net/trackback/108