囲碁お見知りおきを「毎日のように書く」視聴味覚演芸制作者会議軍団「囲碁お見知りおきを」団員、中原由貴のお話。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
熱帯夜のワルツ予告編その2 01:00
0
      井上雄彦氏作のバスケ漫画『スラムダンク』の後半、山王との試合だったかの途中で、キャプテンのゴリこと赤木が、これまでやってきた厳しい練習や試合、そこで起こったドラマを走馬灯のように思い出し、今共に戦っている頼もしい仲間たちへの感謝の思いに胸をつまらせ、「ありがとうよ…」とつぶやいてしまうシーンがある。これを受けたチームのメンバーたちから「お前のためにやってんじゃない」「俺は俺のためにやってんだ」「何を大事な試合中に1人で感傷的になっとるんだ」などと一斉に罵声を浴びせられ、ゴリはバツが悪いやら恥ずかしいやらでいつもの恐いキャプテンに戻り、プンプンしながらコートに戻っていく、というようなシーンがあった。このシーン、大好きだったんですよねえ。このシーンに限らず、私はゴリが好きだった。好きすぎてこれまたゴリとつき合いたいのかゴリになりたいのかわからなくなって、考えるのをやめた、28くらいの夏。

     さて今朝は、7/7の熱帯夜のワルツで販売する『囲碁お見知りおきを読本 volume.2』の入稿のデッドラインとラヂオの編集作業がかぶっている、とんでもない朝でした。むろん昨夜からずーっと起きていて、朝方はもう試験前のような夏休みの最終日のような状態で机に向かっての作業だったのですが、漫画の台詞を入れる作業は実に楽しく、1ページずつ出来上がって行く様がなんとも甘美な時間でございました。そして後半のdodoインタビューの文字起こしをしながら1人夜中にヘッドホンをした状態で時々吹き出す、というこれまた見ようによっては甘美な時間を過ごし、朝方入稿したときは筆舌に尽くしがたい気持ちで胸がいっぱいになり、これに目下絶賛mix中のCDが付いて、聴きながら読んでもらう日のことを想像しつつ、データ送信ボタンを押されたパソコンに向かって手を合わせるのでした。

     そんなわけで本日は、物販紹介の巻、でございます。まずはこの血と汗と涙がつまった読本volume.1、2。これにそれぞれCDが付くんですよ。お買い得だと思いますことこの上なし。ってまだ価格を発表しておりませんけども。volume.2では、ここ最近我々囲碁・双六一門が巨人巨人言ってた謎が、ついに明かされます。これから連載と共に各人の「巨人」曲が付録でつくんですけども、第1回は私の「私の巨人」が、付録でついてきます。今回新録の「双六って」と合わせまして、水面下でいろいろ試しまくってですね、相当楽しく激しいレコーディングでした。その様子までは全然お伝えしきれませんけども、とにかく是非とも読んで、聴いていただきたい!!

     囲碁お見知りおきを読本 volume.1
     漫画「双六亭無宿」たにもとまさゆき
     漫画「あたらしい日々」意志強ナツ子
     漫画「県立丘の上高等学校 すごろく部」
        ふかやいづみ
     小説「からまわる男」
        作・中原由貴/絵・ベン
     付録CD『双六って』
      双六亭(囲碁お見知りおきを楽団)






     囲碁お見知りおきを読本 volume.2
     連載漫画「でかすぎさん」
     連載漫画「ケツ洗いま商店」
       たにもとまさゆき
     dodo Interview!!
     「勇者デリン誕生秘話」
     付録CD『私の巨人』
      双六亭(囲碁お見知りおきを楽団)






     そしておなじみのアートユニットM A Nからも、最新のジャーナルが発売される模様。前号「饅頭つらい」も売ってくれると思います。今回の公開ラヂオでは朗読をやってくれる朝比奈真実嬢の写真や文章と意志強ナツ子嬢の漫画と絵がコラージュのようにメリメリとひしめき合って、まとめて読むと何か1つ通底した気持ちにさせられる、という興味深いZINEです。最新号は果たしてどうなるんでしょう?乞うご期待(写真は前号「饅頭つらい」)。

     さらに上記の読本に参加してくれた意志強ナツ子嬢とふかやいづみ嬢、今回は二人で何やら新しい企画を企んでいる模様。同じお題で2つの漫画を書く、という試みを決行しているようでございます。それも当日販売してくれるようなので、これもまた楽しみなのです。あー早く読みたい。

     そしてですね、こちらも囲碁イベントでは毎度おなじみ、アジアン雑貨「ぞうのはな」。このたびは雑貨に集中してお店を開いてくれます。これからはぞうのはなの季節が到来しますからね、ぞうのはなは西荻窪の店舗以外には催事が主でして、こういうものは出会ったが百年目、その機会を逃したらもう二度と手に入らなかったりするものです。そしてこういういろんな人たちが集まる場所で、ラヂオを聴いておいしいものを食べて、そんな時間を思い出させてくれる夏のアイテムを1つ、手に入れて帰っていただくってのも、おつなもんですよ。



     さらにここへ来てバタバタと、いろんな雑貨販売をやっている方々が出品してくれることが決定いたしました。オリジナルの消しゴム判子と、これまた超オリジナルのiphoneカバーとボールペン。これもですね、これまでに囲碁関連でつながってきた人たちからさらに枠が広がって今回会場で販売できる運びとなりました、新しい品々です。こんな感じ。こういうのがどんどん広がっていくといいですなあ。



     

     【追記!!】大変だ。そしてこれを忘れてましたー!!!ここ最近の我々双六亭が出演させてもらったイベントやライブで売られていて、うおーかわいい素敵!!!と思って次々に購入してしまっているコレ!がま口!!!これは私が持ってるやつですけども、この他にもいろんなデザインのやつがあって、これが使い勝手が最高でして、何もかもがま口に入れたくなってくるんです。がま口を開いて中もまたかわいいんですこれが。7/7は作者であるチャコちゃんは別のイベントで来られませんけども、注文も受け付けているようですので、上記の消しゴム判子と合わせてですね、こんなの作って欲しい!ってのをお願いして、myハンこやmyがま口を持つのもいいんじゃないかと思いますよ〜【追記ここまで】



     種々雑多な人々が集まって自分の知らない世界を覗き見てみて、そして知らなかったり気づいてなかったりしているきっかけやつながりがボロボロ落ちていた!という日にしたいと常々思っているのですけども、それがこの物販関係にも十二分に反映されていてうれしくなります。ここにこなかったら自分では一生手にすることがなかったもの、にみなさんたくさん出会って帰ってくれたらいいなあああああと思います。

     そして私は徹夜で読本を入稿できる状態にまでしたのち!!!もう息絶えるかと思われたのですが、そののちに「今日ラヂオの日だったあああああ!!!!!」と編集作業を始め、午前中にはなんとか出来上がりましたが、出かける時間のリミットが来てしまい、ブログまではたどり着けず…ですが、今回のラヂオは熱帯夜のワルツ直前号、ということで、楽団4人で最初から最後まで、総力戦でお届けしております。ぜひぜひぜひ聴いてみてください。そして熱帯夜のワルツに来てくださいーーー!!!もう来て欲し過ぎて「もしよかったら」「ご都合が合えば」なんていう言葉が言えない気分になって来てますが、まあ予定は人それぞれなのでですね。いいですよ。いいんですけども、来たらもうほんとに愉快です。はっはっは。

     そんなわけで、今回はほぼ1時間近くに渡る「夜のワルツ」でございますが、途中ニシイケタカシと河野薫の出会いと化学反応に関する面白トークをはさみつつ、囲碁お見知りおきを劇場はついに大団円を迎え、7/7へとひたひたと向かう足音と共に、そわそわとしゃべり倒しておりますので、どうぞお楽しみください。それでは今日も参りましょう!夜のワルツ!!!


     こうして自分も含めいろんな人が7/7に向けて各地で死にそうに準備していると、つい「ありがとうよ…」と言ってしまいそうになるのだが、いやみんなきっと自分が楽しむためにやってくれてるんだよなあと思い、ぐっと堪える。むしろこういうときに「ありがとう」と言って「いやいや気にしないで」とか言われると、逆に傷付くのである。
    | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nakahara yuki
    Comment








    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://mooran170.tamacowolds.net/trackback/106
    << NEW | TOP | OLD>>